MEMORANDUM ENGINE

読んだ本のこととか。できることからこつこつと

スポンサーサイト  

category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --   コメント: --

日本アニメ(ーター)見本市が面白い  

category: 雑記
日本アニメ(ーター)見本市
一週間ごとに短編アニメーションが公開されていて、どの作品も魅力がいっぱいで面白いです。
日本アニメ(ーター)見本市は、スタジオカラーとドワンゴが共同企画して立ち上げたもので、オリジナルやPV、MUSIC映像などジャンルを問わず数々のアニメーションが発表されています。

公式ページはこちらから「日本アニメ(ーター)見本市

作品はどれも10分未満の短編なので、気軽に観ることができます。が、どの作品も魅入ってしまうほどに面白いです。アニメーションの持っているかっこいい動きや気持ちの良い動き、世界観の見せ方が一つ一つの作品でよく表現されていて、気がつくと時間が経っていて見終わっています。どの作品も声優は山寺宏一さんと林原めぐみさんが担当されていて、二人の演じるいろんなキャラクターの声を聞くことができます。

第3話の「ME!ME!ME!」と第6話「西荻窪駅徒歩20分2LDK敷礼2ヶ月ペット不可」が特に好きです。
「ME!ME!ME!」は音楽PVのような映像でなにやら妖しげな女の子がいっぱい出てきます。倒錯した雰囲気が醸し出されていて、映像だけで酔ってしまいそうな眩暈を感じさせてくれます。
mememe
mememe
mememe

「西荻窪駅徒歩20分2LDK敷礼2ヶ月ペット不可」は小さくなってしまった女性の慌てるダイナミックな動きがとっても素晴らしいです。
2ldk
2ldk
2ldk
どちらの作品も気持ちの良い動きで見てて飽きません。
公式ページで配信されているので興味のある方はぜひ観てみてください。

あと、この企画に関する林原めぐみさんのコメントがあるのですが、その受け答えが印象的でした。「作品によって全て違うスタッフで、それぞれ全く違うテイストのアニメ。意気込みは?」という質問に対して、

意気込みなんてもっちゃダメです。
その作品ごとの監督の目指すところに添える用に映像を邪魔せず、映像に溶けるべく?常にノープラン。つっても私の声は良くも悪くも、溶けにくいのですが…。
「こうして欲しい」と言われれば、「こうする」
「やっぱりこんなで」と言われれば、「こんなにする」
ある意味そこは、EVAで慣れっこですから…。
驚かない
怯えない
悩むことに悩まない
追い込まない
ポイントを、ぼんやり出来るだけ、的確に探します。
目指しながらノックしてればヒットするだろう…と。


「悩むことに悩まない」というのはいい言葉ですね。ベテランとしての重みが感じられます。こういう考え方はぜひ見習っていきたいです。

日本アニメ(ーター)見本市、これからもどんどん作品が公開されていくようです。毎週の楽しみが一つ増えました。
スポンサーサイト
tb: --   コメント: 0

Mac Yosemite雑感  

category: 雑記
いまさらですが、MacのOSをMavericksからYosemiteにしました。
概ね困ったことはないのですが、Google日本語入力の再変換が効かなくなりました。かなキー二度押し、またはCtrl+delでできるやつです。これは地味に不便です。
でもOS標準のIMに変更したところ、”かなキー二度押し”、”Ctrl+del”、”Shift+Ctrl+r”で今まで通り再変換してくれます。
しばらくOS標準で使ってみたのですが、意外とGoogle日本語入力と大差は感じませんでした。
特に不便なことはなさそうですね。どうやらYosemiteからはことえりじゃなくなったみたい。
そもそもGoogle IMEを使っていたときも、サジェスト機能はオフにしていたのでIMEが変わっても特別変化はありませんでした。どうもサジェストのあのチラチラする感じが好きじゃないので。

あと、Yosemiteにしてから劇的に変化したアプリがありました。
テキストエディタのCotEditorです。
テキスト編集はいつもCotEditorでしていたのですが、Mavericksのときはなぜか日本語入力中に引っかかる(遅延する)ことがあったのですが、Yosemiteにしてからとても快適に入力、編集することができます。
CotEditorは最近バージョンアップも盛んなようで、ますます使い勝手が良くなってきています。

あと最近気づいたんですがCotEditorは縦書き入力もできるのですね。Windowsでもそうでしたが、あまり縦書きで入力できるエディタは多くないので重宝しています。

Yosemite_CotEditor

YosemiteのIMは縦書きで入力するとちゃんと変換候補も縦書きになってくれるのですね(前からそうだったのかな)。細かい配慮がありがたいです。
tb: --   コメント: 0

忘れるのは悪いこと?  

category: 雑記
どうも昔から暗記系は苦手で、習った単語はすぐに忘れるし、興味のない事柄に関してはからっきし思い出せないということがよくあります。
興味のあったことでも数年ほどその分野から離れて生活しているうちに、すっかり頭の中からそれらに関する知識がこぼれ落ちていたりします。
そうやって日々、興味のあったことや楽しかったこともどんどん色褪せてきて忘却しているのかと思うと少しやりきれない気もします。
でも最近、それでもいいのかな?と思うようになってきました。

というのも別に開きなおったというわけではなくて、結局忘れている(思い出せない)ものは個々の単語だったり固有名詞だったりなのです。
勉強や学習などで得られたそれらの単語や固有名詞などの知識は後で思い返すためのトリガーとしては非常に役立ちますが、実のところ記号化されたデジタルにすぎません。
それよりも大切なことはそこから得られた理解や経験といった言語化できないアナログなところに本質があるように思います。

デジタルなものは代替がきくことがほとんどですが、アナログは自分の中にしか留めておくことができません。
ネットから情報を検索するのは簡単ですが、経験は検索することができません。自分で体験するしかないのです。なので昔のことについて表面的なことは忘れてしまっても、そこから想起される抽象的な感覚や感情、それらを大切にしまっておくのがいいんじゃないかと思います。
tb: --   コメント: 0

「もしかしたら」症候群  

category: 雑記
過去の過ちをかえりみて「あのときこうしていればもしかしたらーー」なんて考えてしまうこと、きっと誰しもあると思います。

自分の過ちを認めた上で、それを改善しようとする考えそれ自体は悪くないのです。
しかし、しばしばその考えは堂々巡りをくりかえし、いつのまにか益体もない、どこにも辿りつけない思考に陥ることがあります。
それがまずいのです。どこからか思考がループし始めたら要注意です。

反省はしても、後悔はするなとはよく言ったものでまさにそのとおりだと思います。
反省は前向きでも、後悔は後ろ向きです。
とにかく時間は命と等価です。

ありえたかもしれない無数の可能性を考慮したところで現実はちっとも変わりません。
タイムマシンが開発されるのを今や遅しと待ちわびていても過去は一向に変わりません。
時間は前にしか進みませんし、未来にしか残されていないのです。
過去の過ちも、現在の怠惰も、まだ見ぬ未来に不安を抱くのも、もうたくさんです。

多くの「もしかしたら」に振り回されるよりも、余計なことはいったん置いておいて、シンプルに次どうするかを考えていきたいです。
tb: --   コメント: 0

ゆっくりがいいのです  

category: 雑記
あせってみてもいいことありません。
ゆっくり行きましょう。

もっとゆっくりご飯を味わって、
もっとゆっくり本も読んで、
もっとゆっくり映画も観て、
もっとゆっくり勉強して、
もっとゆっくり友だちと話しあう。

自分の納得できるやり方で、丁度良いペースで、少しずつ丁寧に。
あせっちゃダメです。

人生は一度きりだとか、時間は待ってくれないとか、だからってあせる必要はないのです。
ゆっくりのほうが、より多くを味わうことができ、読むことができ、観ることができ、学ぶことができ、楽しむことができるのです。
さあのんびり行きましょう。
tb: --   コメント: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。