MEMORANDUM ENGINE

読んだ本のこととか。できることからこつこつと

スポンサーサイト  

category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --   コメント: --

[映画] かぐや姫の物語 を観た  

category: 映画
かぐや姫の物語 [Blu-ray]かぐや姫の物語 [Blu-ray]
(2014/12/03)
ウォルト ディズニー スタジオ ホームエンターテイメント

商品詳細を見る



竹の中から生まれた可愛らしい赤ん坊は、すぐさま育ち、またたくまに美しい娘へと成長しました。育て親の翁は彼女の美しさのあまり、高貴の姫として山から都へ移り住みます。都へきてからもますます美しくなった彼女は「かぐや姫」と名付けられ、噂を聞きつけた5人の貴公子たちに求婚を迫られます。しかしかぐや姫は求婚者たちに無理難題をあたえて彼らを振ってしまいます。
それから月日は流れ、かぐや姫は満月を見るたびに悲しみにくれるように。翁がその理由を聞くと、次の満月の夜、迎えにくる使者とともに月へと帰らねばならないという。
彼女は何を思って生きてきたのか? なぜ地球へきたのか? 罪とは? そして彼女にとっての幸せとは……


この映画を観た後に、高校の頃にやった古文の竹取物語をやっていたら、もっと興味を持って勉強できたと思います。暗唱とかやらされたのを覚えていますが、当時は覚えるのに一苦労でした。今だったらこの映画を見ているうちに覚えてしまいそうです。

竹取物語がここまで美しく、儚いお話だとは知りませんでした。高畑勲監督だからこそなのでしょうが、最高の映画です。美しい少女、かぐや姫の喜怒哀楽、彼女の嬉しさも悲しみも喜びも、そして怒りさえここまで見事に表現して映像の中に落とし込んでしまうというのは本当に素晴らしいと感じました。ここまでかぐや姫の感情が痛いほど伝わってくるということに驚きです。こちらまで笑ったり喜んだり怒ったり、そして泣いてしまいます。アニメーションの向こうから彼女の息遣いが聞こえてくるようです。蝶のように美しく、猫のように奔放で、しかしどこか儚げな彼女は何を感じ、何を思って生きてきたのか?

琴の音色がここまでマッチする作品もそうそうないと思います。かぐや姫が琴を弾いているシーンはいつもの奔放な彼女とは違い、凛々しく、優雅で、とても美しいと感じさせます。
あと、かぐや姫は気を許しているときと、人前などのときとで声のトーンが違うのですが、その切り替えも素晴らしいですね。いつもの気を許しているときの声から一変して、急にぞくりと感じさせるような冷たい声になるのです。求婚者たちに次々と無理難題を言いつけて振っていく場面はその冷淡な声にぞくぞくさせられました。

最後の場面で月から使者が迎えにくる場面は泣かされますね。仏のような表情のない使者は「生」を超越したもののような存在に感じられます。
はたして彼女はなぜ地球へきたのか? 罪とは? 幸せとは? この物語はそれらについて強く語りかけてきますが、すべてかぐや姫が答えてくれます。おそらく月には悩みも悲しみもないのでしょう。彼女はただ「生きたい」と願っただけなのですね。
スポンサーサイト
tb: --   コメント: 0

[映画] 楽園追放 Expelled from Paradise を観た  

category: 映画
楽園追放 Expelled from Paradise [Blu-ray]楽園追放 Expelled from Paradise [Blu-ray]
(2014/12/10)
釘宮理恵、三木眞一郎 他

商品詳細を見る



人類の多くはすでにデータ化され、電脳世界ディーヴァで暮らすようになっていた。
しかし、突然ディーヴァに謎の不正アクセスが。そのハッキングは外の現実世界、リアルワールドからだった。
その目的を調査するため、保安局エージェントのアンジェラは生身の躰を身にまといリアルワールドへ向かった。
現地オブザーバーとして彼女を迎え入れたのは、ディーヴァのことを快く思っていないディンゴと名乗る男性。
アンジェラとディンゴはハッキングの正体を突き止めるために現実世界を探索していくが……。


全編にわたってほとんどが3DCGで作られています。
サイバースペースとか感情を持った人工知能とか宇宙計画とかそういうのに興味を持っている人はかなり楽しめると思います。

電脳世界で長い間暮らしていたアンジェラにとっては、生身の躰も現実世界もただの過去の遺物のように感じて、現実世界に行ってから常に不満を洩らしたりします。でも現実世界で生まれ育ったディンゴにとっては電脳世界の方がよっぽど息が詰まって、まるで檻の中のようだと彼女に言います。
そんな対照的な二人の主張はどちらが正しいなんて簡単に決められるものではありませんが、色々考えさせられてしまいます。

精神世界に行ってより高次の存在へ進化することで果たして幸福は得られるのか。
肉体はすでに不必要なものなのか、精神は肉体の奴隷なのか?
多分それらの答えをアンジェラとディンゴは今後の旅の中で探していくんでしょうね。

戦闘シーンにはかなり力が入っていますね。特にラストの戦闘シーンではロボット同士の闘いはもとより、アンジェラの表情がとても生き生きとしていてよかったです。あそこの表情だけは手書きだったのかな?3DCGであそこまで豊かな表情を自然に表現できるのだとしたら、すごいと思います。
tb: --   コメント: 0

[映画] 花とアリス を観た  

category: 映画
花とアリス 特別版 [DVD]花とアリス 特別版 [DVD]
(2004/10/08)
鈴木杏、蒼井優 他

商品詳細を見る

女子高生の「花」と「アリス」は仲良しでいつも一緒。
ある日、花は一目惚れした宮本先輩に必死でアプローチするが、彼の反応は芳しくない。ところが、ある切っ掛けを境に宮本先輩を”記憶喪失”だと信じこませ、花と付き合っていたと嘘の過去をでっち上げる。
しかし宮本先輩は花の友だちのアリスのことが気になり始めて、彼女と密会をするように。
ちょっとに歪んだ三角関係と友情の板挟みに戸惑いつつ、花とアリスは少しずつ成長していく。


画面レイアウトのとてもきれいな映画でした。
見ているだけでノスタルジーを感じさせてくれるシーンが随所に散りばめられていて、雰囲気に浸ることができます。なんでもない日常的なシーンなのに、カットの切り替え、台詞、静かな音楽が重なるとこんなにも情緒的になるんですね。
夏祭りのデート、バレエ教室、モデルのオーディション、どの場面も抒情的で等身大な花とアリスの生き生きとした日常を存分に見ることができます。
花が、宮本先輩と仲良くなろうとすればするほど、彼から嫌厭されてしまう。そんな噛み合わなさが切ないですが、どこか自業自得なところもあったり、笑わせてくれるシーンもあったりして面白いです。
宮本先輩が記憶喪失のことに疑問を持ち始めたころからアリスも二人の仲に入ってきて、なんだか三角関係に。よくある展開ではありそうですが、恋愛と友情の間に揺れ動く彼女たちの心情はどこか一風変わった余韻を感じさせてくれます。

ラストの花の告白シーンや、アリスがバレエを踊るシーンにはとてもぐっとくるものがありました。
あと、文化祭のちょっとした非日常的な感じも面白かったですね。
tb: --   コメント: 0

[映画] 魔女っこ姉妹のヨヨとネネ を観た  

category: 映画
魔女っこ姉妹のヨヨとネネ(Blu-ray通常版)魔女っこ姉妹のヨヨとネネ(Blu-ray通常版)
(2014/06/25)
諸星すみれ、加隈亜衣 他

商品詳細を見る

ある日魔法使いのヨヨは、不思議な光のするエレベータに乗って「魔法の世界」から「現代の世界」へと迷い込んでしまう。
そこで出会う二人の少年と少女。その少年のアパートへ行ってみると、なんと両親が”化け物”になっていた。
ヨヨは「現代の世界」で巻き起っているその”不思議な呪い”を解決しようとするが……


まずは予告動画をどうぞ。



絵本を広げたようなオープニングから始まって物語に引き込ませてくれます。
どうも「現代の世界」ではある携帯ゲームのアプリが流行していてそれが原因で”呪い”が発生するようですね。
何でも、そのアプリのレアカードを手に入れると願いが叶うんだとか。
しかしなぜ呪いが発生するのかは分からない。

物語が進んでいくにつれて明かされていく謎のところは、ちょっと駆け足気味な展開でしたが、ワクワクしながら楽しめました。
夏休みに家族で一緒に見られるアニメ映画です。

魔法使いのヨヨは笑ったときの笑顔がキュートで魅力的ですね。
ヨヨの魔力が薄れたときに髪の毛の色が黒くなるのは、なんだか魔女の宅急便を思い出しました。使い魔っぽい猫もいますし。
あと、ところどころ出てくる魔法が面白かったです。
心のデトックス魔法とか、ぜひ僕もかかってみたいものです。
tb: --   コメント: 0

[映画] サカサマのパテマ を観た  

category: 映画 tag: アニメ  吉浦康裕 


スタジオ六花の吉浦康裕が原作・監督・脚本を務めているということで大変面白かったです。
「イヴの時間」も「ペイル・コクーン」も大好きでしたが、この作品も大好きになりました。

逆さまの女の子、つまり重力の方向が逆っていう設定はいいですね。
単純だけど映像として観てて面白いし、いろいろ想像できます。

しかもその逆さまの女の子は空に落ちないように主人公の男の子にずっとしがみついてる。
だからとくに断りなしに女の子が抱きついてくるわけです。
主人公も当たり前のように女の子のお腹辺りを必死に抱きしめるわけです。
もうこのビジュアルだけで観てて飽きません。
「ラピュタ」のパズーがシータを助ける場面を思い出しますね。

ラストもこの監督らしいオチで良かったです(これはネタバレになるかな)。
自分の考え、価値観、立っている場所、それらが他人から強制されたものでないかと疑い、どこに正しさがあるのかを自分でちゃんと探していく、そんな主人公にとても好感が持てます。

ところでサカサマ人と地上人の間に子供が生まれた場合、その子にはどちらに重力が働くんでしょうね。
プカプカ自由に浮いていられたら楽しそうです。
tb: --   コメント: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。