MEMORANDUM ENGINE

読んだ本のこととか。できることからこつこつと

スポンサーサイト  

category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --   コメント: --

[筒井 康隆] ビアンカ・オーバースタディ を読んだ  

category: 読書 tag: 筒井康隆 

ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)
(2012/08/17)
筒井 康隆

商品詳細を見る

前半のエロ描写には少し驚きました。
高校一かわいいヒロインが後輩の男の子に突然「精子が欲しい」と言うのですが、そういう描写が女性視点で書かれているのでちょっと一歩引いた感じで読めますね。

あとがき曰く、エンタメとしての読み方とメタラノベとしての読み方、できればその両方で読んで欲しいと書かれてあります。

エンタメとしてはどこか「大長編ドラえもん」を思い出しました。
つまりストーリーは古典だと思います。

メタラノベとしてはやはり「涼宮ハルヒの憂鬱」を思い出します。
高校一かわいいヒロイン、美人な同級生、かわいい妹、巻き込まれ型の男の子、未来人...などなど。
ラノベとしてのお約束をふんだんに取り入れパロディする。
ああ、ハルヒを思い出したのは挿絵が同じいとうのいぢ氏だったからかな。
もしかしたら、いや多分そこまで考えてのことでしょう。

こういうメタものは読んだあと急速に現実に引き戻してくれますね。読んでるときはどっぷり浸かって、終わったら引き戻してくれる。
読む前と読んだ後でプラスマイナスゼロになる感じが良いですね。
関連記事
tb: --   コメント: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。