MEMORANDUM ENGINE

読んだ本のこととか。できることからこつこつと

スポンサーサイト  

category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --   コメント: --


死なない生徒殺人事件 ~識別組子とさまよえる不死~ メディアワークス文庫死なない生徒殺人事件 ~識別組子とさまよえる不死~ メディアワークス文庫
(2014/01/09)
野崎 まど

商品詳細を見る

永遠の命を持った生徒がいる。市立鳳凰学院に着任したばかりの教師、伊藤にそんな噂話が耳に入る。
そして鳳凰学院に転校してきてからまだ友達ができないと伊藤に相談をしてくる生徒の天名。
彼女は永遠の命を持った生徒の噂を耳にし、強い興味を抱き、友達になりたいと言う。

教師というのは生徒たちに何らかの知識を教えるものですが、はたして自分の知っている知識、経験をどれだけ正確に相手に教えることができるのかと言われれば、どんなに優れた教育者でも完全に伝えるということは無理なんだと思います。
もしも自分の知識や経験を完全に他人に教える、伝えることができたら教育ももっと楽になるんでしょうね。
でも学校での教育は勉強それ以上に、友だちをどう作るか、どう周囲とコミュニケーションしていくかを学んでくかが大切だったりします。

本書ではタイトルにあるように殺人事件が起きて、永遠の命についていろいろと推理したりします。そのため、殺害方法に関するトリックとかそういった意味でのミステリを求めて読むとちょっと肩透かしを食らうかもしれません。
しかし、事件を終わらせるための終盤部分は面白く、最後まで一気に読むことができます。
関連記事
tb: --   コメント: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。