MEMORANDUM ENGINE

読んだ本のこととか。できることからこつこつと

スポンサーサイト  

category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --   コメント: --

[森 博嗣] 銀河不動産の超越 を読んだ  

category: 読書 tag: 森博嗣 
銀河不動産の超越 Transcendence of Ginga Estate Agency (講談社文庫)銀河不動産の超越 Transcendence of Ginga Estate Agency (講談社文庫)
(2011/11/15)
森 博嗣

商品詳細を見る

周囲からは怠けているように見られてしまう青年、高橋。しかし本人はけっして怠けているつもりはない。精一杯頑張っている結果がこれなのだ。
そんな気力と体力に欠ける高橋が、就職活動で最後に選んだ会社は「銀河不動産」だった。社員は新しく入った高橋を入れて三人しかいない。
そこで働くうちに、彼は不思議な要望を持ったお客たちに相談をもちかけられる。

いい感じにゆるい雰囲気の物語です。案外、高橋くんのように流れに身を任すような自然体でいることも生きていく上で必要なことなのかもしれません。まあ世の中一寸先は闇といいますが、先を恐れてばかりいるだけでは何もできなくなってしまいますからね。

後半からは次第におもちゃ箱をひっくり返したように話が展開していきます。それでいて主人公の高橋くんはゆるゆるとその中を漂っているように思えます。

最終章でおじいさんの言っていた言葉が象徴的だったので引用させていただきます。

人はね、きっかけのせいで幸運を掴むのではない。幸運を掴むのは、その人が持って生まれた能力によるものです。言い換えるならば、幸運といったものは、この世にはない。あるとすれば、幸せを築く能力、それを持っていた、幸せを築こうという努力、それをしたというだけのことです。その能力と努力によって、順当につくられていくのが幸運なのですよ。


周囲に流されるように生きてきた主人公も、彼なりにちゃんと考えてきたし努力をしてきた。その小さな積み重ねが、幸福を掴みとる確実な道筋になっていたんでしょうね。
関連記事
tb: --   コメント: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。