MEMORANDUM ENGINE

読んだ本のこととか。できることからこつこつと

スポンサーサイト  

category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --   コメント: --

[結城 浩] 数学ガール を読んだ  

category: 読書 tag: 結城浩 
数学ガール (数学ガールシリーズ 1)数学ガール (数学ガールシリーズ 1)
(2007/06/27)
結城 浩

商品詳細を見る

数学を趣味とする高校生の「僕」と二人の少女たち。
後輩のテトラちゃんは数学に興味はあるものの、授業ではわからないことがいっぱい。そこで数学を得意としている「僕」に個人授業をお願いすることに。
「僕」と同じクラスのミルカさんは、挨拶に数列を持ち出してくるほどの数学少女。「僕」以上に数学に詳しく、難しい問題にも涼しい顔で答えを導いてしまう。


登場人物全員から数学に対する真摯な姿勢、愛を感じます。
最初はミルカさんの数列クイズ、テトラちゃんの素数って何ですか?から始まり、またたく間に数学ワールドが展開していきます。でも、駆け足だって説明しているところはまったくなく、とても丁寧にかつ面白く進めていってくれます。

はじめのうちは簡単なところから始まりますが、次第にノートを片手に数式を追わないと、あれ?となるところがいくつかありました。
しかし、数式を追うことができなくなっても心配する必要はありません。テトラちゃんがいっぱい「僕」に質問して、それに対し「僕」も丁寧に説明してくれるからです。彼女と彼らの言葉に耳を傾けながら素直に数式を展開していくことで、いつの間にか素敵な数学ワールドへ連れて行ってくれます。

高校のころ習った数学、なんとなく公式は覚えているような気がするけど果たしてその意味するところはなんだったっけ?そういったもやもやした感覚も本書で霧散することができると思います。

バーゼル問題が解けたときの感動は忘れられません。
関連記事
tb: --   コメント: 2

コメント

 サイト訪問ありがとうございます

「数学ガール」は高校1年の夏休みに読んで、最初の30ページぐらいでリタイアしてしまった思い出があります
 今なら、ちょっとは読み進められるだろうか……

 テトラちゃんが次第に数学に惹きこまれていく、恋愛小説として読みましたが、それでも面白かったですね
 

URL | ようぐると。 #-
2014/12/04 23:58 | edit

ようぐると。さん
初めまして。コメントありがとうございます。

> テトラちゃんが次第に数学に惹きこまれていく、恋愛小説として読みましたが、それでも面白かったですね

恋愛小説として読んでもまったく構わないと思います。
数式ってちょっと出てくるだけでも気後れしてしまうところがありますよね。
なので、数式のところはひとまず置いておいて、お話しのところだけ読んでみてもおもしろく読めると思います。
また読む機会があればぜひ。

URL | 藤崎 #-
2014/12/05 15:01 | edit

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。