MEMORANDUM ENGINE

読んだ本のこととか。できることからこつこつと

スポンサーサイト  

category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --   コメント: --

[ダニエル・キイス] アルジャーノンに花束を を読んだ  

category: 読書 tag: ダニエル・キイス 
アルジャーノンに花束を (ダニエル・キイス文庫)アルジャーノンに花束を (ダニエル・キイス文庫)
(1999/10)
ダニエル キイス

商品詳細を見る

精神遅滞のチャーリイは32歳になっても知能は幼児のときのまま。彼は幼少のころより賢くなりたいと願ってきた。そんな彼に大学の偉い先生から、願ってもない話が舞い込んでくる。なんと頭の良くなる手術をしてくれるというのだ。
白ネズミのアルジャーノンはすでに同じ手術を受けていて、ほかのネズミたちより何倍も賢くなっている。
もしこの手術が人に対しても有効であるとすれば、チャーリイのような精神遅滞の人々、そしてそれだけではなくすべての人々にとって希望をあたえてくれるものになる。はずだったが……


名作中の名作であるということはもちろん、大体のあらすじも知っていたのですが、今まで読んだことはありませんでした。
ふと本屋さんで背表紙が目に入って、そういえば僕が小学生のときにとてもお世話になった先生がこの本を読んでいたっけな、と思い出しながらなんだか懐かしくなって本を手に取りました。

とにかく最初から最後まで心が揺さぶられっぱなしでした。
うーん、こういう読書体験があるから本を読むことはやめられないのですね。

チャーリイが手術を受けて次第に賢くなってゆく過程で、今まで気づかなかったことに気づき、知ることができなかったことを知り、考えることができなかったことを考え、それと同時に幼少時代の記憶がよみがえって彼に様々な変化をもたらします。
その変化は知能指数が伸びるにつれて顕著になっていきますが、彼の情緒的な感情面は飛躍的な変化に追いつけないため、戸惑い、悩み、苦しみます。

さらに知能指数の伸びが極致に到達したときに、彼は周囲の人々と自分とのあいだに深い隔たりがあることに気づき、大好きな人にさえ素直な気持ちで言葉をかわすことができず再び深い悲しみをおぼえます。

そしてチャーリイは一般の人たちの知能をはるかに凌ぎながら、多くのことを学び吸収していきます。
そのとき彼の考えていたことが印象的でした、

学ぶということの奇妙さ。奥深く進めば進むほど、存在すら知らなかったものが見えてくる。ほんのしばらく前まで私はすべてをーー世の中のあらゆる知識ーーを学ぶことができると愚かにも考えていた。いまの私は、せめてその存在だけでも知ることができたらと思う、そしてそのほんのひとかけらでも理解できさえしたらと願うものである。


この物言いだけで彼がどれだけ謙虚に多くのことを学んだのかが伝わってきます。

賢くなることで彼は多くのものを得た代わりに、多くのものも失いました。
でもそのことに後悔するのではなく、常に自分がなすべきことを為し、再会すべき人と会い、きちんと自分なりのけじめをつけていきます。

彼が感じた怒りも哀しみも孤独も空虚も淋しさも、すべてを埋め合わせてくれるのは最初に求めた”賢さ”ではなく、アリス先生のような彼を理解してくれるやさしい隣人が傍にいてくれることだったのですね。
関連記事
tb: --   コメント: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。