MEMORANDUM ENGINE

読んだ本のこととか。できることからこつこつと

スポンサーサイト  

category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --   コメント: --

[映画] 楽園追放 Expelled from Paradise を観た  

category: 映画
楽園追放 Expelled from Paradise [Blu-ray]楽園追放 Expelled from Paradise [Blu-ray]
(2014/12/10)
釘宮理恵、三木眞一郎 他

商品詳細を見る



人類の多くはすでにデータ化され、電脳世界ディーヴァで暮らすようになっていた。
しかし、突然ディーヴァに謎の不正アクセスが。そのハッキングは外の現実世界、リアルワールドからだった。
その目的を調査するため、保安局エージェントのアンジェラは生身の躰を身にまといリアルワールドへ向かった。
現地オブザーバーとして彼女を迎え入れたのは、ディーヴァのことを快く思っていないディンゴと名乗る男性。
アンジェラとディンゴはハッキングの正体を突き止めるために現実世界を探索していくが……。


全編にわたってほとんどが3DCGで作られています。
サイバースペースとか感情を持った人工知能とか宇宙計画とかそういうのに興味を持っている人はかなり楽しめると思います。

電脳世界で長い間暮らしていたアンジェラにとっては、生身の躰も現実世界もただの過去の遺物のように感じて、現実世界に行ってから常に不満を洩らしたりします。でも現実世界で生まれ育ったディンゴにとっては電脳世界の方がよっぽど息が詰まって、まるで檻の中のようだと彼女に言います。
そんな対照的な二人の主張はどちらが正しいなんて簡単に決められるものではありませんが、色々考えさせられてしまいます。

精神世界に行ってより高次の存在へ進化することで果たして幸福は得られるのか。
肉体はすでに不必要なものなのか、精神は肉体の奴隷なのか?
多分それらの答えをアンジェラとディンゴは今後の旅の中で探していくんでしょうね。

戦闘シーンにはかなり力が入っていますね。特にラストの戦闘シーンではロボット同士の闘いはもとより、アンジェラの表情がとても生き生きとしていてよかったです。あそこの表情だけは手書きだったのかな?3DCGであそこまで豊かな表情を自然に表現できるのだとしたら、すごいと思います。
関連記事
tb: --   コメント: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。