MEMORANDUM ENGINE

読んだ本のこととか。できることからこつこつと

スポンサーサイト  

category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --   コメント: --

[角野 栄子] 魔女の宅急便 を読んだ  

category: 読書 tag: 角野栄子 
魔女の宅急便 (角川文庫)魔女の宅急便 (角川文庫)
(2013/04/25)
角野 栄子

商品詳細を見る

お母さんは魔女、お父さんは普通の人、そのあいだに生まれた一人娘のキキ。今では魔法の力も弱くなり、数もめっきり少なくなってしまった魔女たちが生き残っていくために、十三歳になるとひとり立ちをするという決まりがありました。満月の夜、黒猫のジジを相棒にほうきで空に飛びたったキキは、不安と期待に胸ふくらませ、コリコという海辺の町で「魔女の宅急便」屋さんを開きます。いろいろなお届け物をしていく中でキキはたくさんの人たちに出会い、わくわく、どきどき、ときにはいらいらしながらも次第に街にとけこんでゆきます。

一つ一つが完結した短いお話になっているので、気楽に読むことができます。
難しい言葉も言い回しも使われていませんが、キキの心情がとてもよく伝わってきます。やさしい文章で語りかけてきてくれるので、終始癒されっぱなしでした。表紙のイラストも素敵です。

友達も知っている人もいない街でひとり立ちしていくなんてそうそうできることじゃありません。若干13歳の女の子ならなおさらです。キキも最初は期待に胸を膨らませていますが、やっぱり不安そうな一面も見せます。それでも少しずつ新しい街で自分の居場所を見つけていく彼女の姿にはとても勇気をもらいます。

パン屋さん夫婦や飛行クラブのトンボ、森に住んでいる画家などジブリアニメでおなじみのキャラクターたちも登場しますが、ストーリーはけっこう違っています。大きな盛り上がりや見せ場があったりするわけではありませんが、のんびりゆっくりとキキやジジ、街の人々との楽しい時間を過ごせます。

新しい街でいろんな人たちと出会い、いろんな経験をして一年経ったころ、キキは里帰りをします。そこでキキは母親にこう言います。

かあさん、あたしちょっと考えたんだけどね、魔女はね、ほうきにばかり乗って飛んでちゃいけないんじゃないかって思うのよ。そりゃ、おとどけものはいそぐから、飛ぶのはしかたがないけど……でもときどきは歩いたほうがいいんじゃないかしら。だってほら、歩くといろんな人といやでも話すことになるじゃない? おソノさんに会えたのも歩いていたからだし……あのとき悲しまぎれに飛んでたら、どうなってたかわからないもの。反対にむこうだって、魔女を近くで見れば、鼻がとんがって口がさけてるんじゃないってわかるでしょ。それにお話もできるし、おたがいわかりあえると思うの……


やっぱりお互いに面と向かって話し合うのが一番理解し合えるのでしょうね。
関連記事
tb: --   コメント: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。