MEMORANDUM ENGINE

読んだ本のこととか。できることからこつこつと

スポンサーサイト  

category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --   コメント: --

[九井諒子] ひきだしにテラリウム を読んだ  

category: 漫画 tag: 九井諒子 
ひきだしにテラリウムひきだしにテラリウム
(2013/03/16)
九井諒子

商品詳細を見る

自分に優しい脳内裁判、ノベルダイブ、愛想のない社長令嬢、AIの恋あるいはバグ、神を殺した男、彼氏もしくは彼女の特殊な性癖、お金持ちには向かない仕事、植物の気持ち、太陽系から見た彼女と僕の距離、引き出しの中のテラリウム、狐の嫁入り、サンタクロース派遣会社、などなど33編のショートショート。

10ページ未満のショートショートが33編詰まっています。中には2ページほどのお話もありますが、それらの短いページ数の中にきらりと光るアイデアがしっかりと詰まっています。いろんなアイデアが詰め込まれているので読んでていい刺激になります。本当にこの作者はお話の発想からオチまでの持って行き方がうまいですね。
今回はファンタジーだけではなく、日常からSFまで、動物から植物そして細菌まで、あるいは異国の訪問記と幅広く、ジャンルの枠に収まらない世界観が軽やかに展開されていきます。

ときどきドキッとするくらいかわいい女の子が出てきたりします。その可愛さは、表情だったり仕草だったり佇まいだったりするのですが、ショートショートの中でもこんなに魅力的なキャラクターが表現できるのかと驚きます。

毎回切り込み方が斬新で鋭く、飽きさせない展開に持っていくのはすごいですね。
あとところどころ入ってくるメタ視点、唐突な視点切り替えなんかもうまく使われてて面白いです。

僕はとくに「代理裁判」「ノベルダイブ」「えぐちみ代このスットコ訪問記」「春陽」「パーフェクト・コミュニケーション」「スペースお尺度」あたりがお気に入りです。
どのお話も独自の切り込み方で、雰囲気がとても好きです。

こちらから四作品を試し読みすることができます。興味のある方はぜひ。
関連記事
tb: --   コメント: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。